<< 元興寺・19 元興寺・17 >>
元興寺・18
e0193624_263171.jpg


*画像はクリックで大きくなります


かの淀君の怨念が籠っているという「かえる石」です
 
元興寺のHPによると もともと河内の在所の川縁にあったものを
太閤秀吉が気に入り 大坂城内に移したものだといいます
 
大阪城落城の折には この蛙石の下に 淀君の亡骸を埋めたという説もあります
 
落城後 いつの頃からか大坂城の お堀端乾櫓に向う隅に移されました
 
その頃 この蛙石には奇怪な力があって 蛙石から堀に入水する人々が続いたり
堀の身投げして行方の知れぬ人も 必ずこの蛙石のもとに浮かんでくるとか
不思議なことがよく起こったそうです
  
人々から恐れられていた蛙石は
第二次世界大戦のドサクサで しばらく 行方不明になっていましたが
昭和33年にご縁があって この寺に安置されるようになりました

現在は 国宝・極楽堂に向って佇んでいます




e0193624_264827.jpg


なんか とっても物騒なお話ですね!

でも 前に置かれたカエルさんは とても可愛いです




 ランキングに参加しています 励みになる応援クリックに感謝です(^∇^)  
[PR]
by asuka_kyo | 2016-01-24 02:24 | 神社仏閣 | Comments(0)
<< 元興寺・19 元興寺・17 >>